雨漏り修理を依頼するならこのタイミングで

雨漏りによる被害を抑えるためには

雨漏りが発生しやすいタイミング~調査に適した時期がある~

雨漏りは、一度修理すれば再発の可能性は無い、というものではありません。ひょんなことで再度雨漏りが再発することは十分考えられるのです。雨漏りが発生しやすい時期を知り、タイムリーな雨漏り調査を行ないましょう。

雨漏り調査を行うタイミング

雨漏り調査に適した季節がありますか?
雨漏り調査は、害虫が発生しやすい時期に合わせるのが効果的ですが、日本の風土に合わせた修理時期というのもあります。例えば梅雨時です。梅雨時はシロアリをはじめとした多くの害虫が好むジメジメした気候となるので、十分な注意が必要となります。それだけでなく、この時期は屋根や防水用のコーキング材にも負担がかかります。つまり梅雨前は雨漏り調査を行なうのに適した時期と言えるのです。また、降水量が多くなる台風シーズンは屋根や窓が破損している可能性があるので、台風が過ぎ去った後に雨漏り調査を行なうのがベターです。冬季は降雪によって雨漏りが発生する恐れがあるので、降雪が予想される前の段階で調査することをオススメします。
季節の他に雨漏り調査をした方がいいのはどんなときですか?
雨漏りは、台風や地震、積雪などの自然災害だけが原因となるわけではありません。建物の経年劣化によって発生する可能性も十分にあります。築年数の古い家に引っ越したときや、屋根や窓をはじめ、雨漏りの原因箇所になり得る場所に劣化が見られたときなどは、雨漏り調査を行なう良い機会だと思います。

雨漏り修理を依頼する~状況で変わる修理の方法~

雨漏り調査の結果、雨漏りが発生していることが判明したら、そのまま修理を依頼しましょう。雨漏り修理は高所作業を要することもあるため、危険性が伴う作業となります。また、しっかり修理しないと雨漏りはおろか害虫が発生する可能性もあります。専門業者に依頼して、安全かつ確実に修理してもらいましょう。

雨漏り修理は状況によって異なる

雨漏り修理の方法やその費用は、現場の状況によって異なります。狭い範囲における雨漏り修理であれば10~20万円程で依頼できますが、これが広い範囲となると50万円以上となることもあります。早期の段階で修理を依頼するに越したことは無いのです。正確な金額を調べるためにも、そしてなるべく修理料金を安く抑えるためにも、早い段階で雨漏り調査を行なうようにしましょう。

TOPボタン