雨漏り調査の方法をチェック~原因箇所を突き止める効果的な方法~

雨漏りによる被害を抑えるためには

雨漏り調査の方法~原因を突き止めて害虫発生を防ぐ~

業者

雨漏り調査を業者に依頼すれば、雨漏りはもちろん、害虫の発生も防ぐことができます。ではここで、業者が行なう調査方法の中でも特にポピュラーな3つを紹介します。

調査方法の種類

目視調査
目視調査は、雨漏りが起こりやすい屋根や窓を調べ、そこから雨水が侵入した形跡が無いか目を使って調べる方法です。専門業者が無料で雨漏り調査を行なう場合、この目視調査による場合が多い傾向にあります。当てずっぽうな調査方法に見えるかもしれませんが、経験を積んだスタッフや実績のある業者から派遣されたスタッフは、信頼できる調査結果を出してくれます。
散水調査
散水調査は、その名の通り原因箇所と思わしき場所に水をかけ、それによって雨漏りの原因箇所を調べる調査方法です。水をかける道具にはシャワーホースが使われます。一見素人にもできそうな方法に見えますが、知識と経験を備えた業者にしかできない、案外難易度の高い調査方法です。
発光液調査
発光塗料を混ぜた特殊な検査液を、雨漏りの原因箇所と思われる箇所に流し込んで調査する方法です。この行為により、屋根裏から紫外線を当てたときに雨水の侵入口が発光するようになり、さらに原因箇所からどこへ染みだしているかひと目で分かるようになります。発光液調査は、主に原因箇所を特定した後に行ないます。そのため、散水調査と組み合わせて実施されることが多いです。
赤外線サーモグラフィー調査
赤外線サーモグラフィー調査は、雨漏り調査の方法の中でもとりわけ新しい方法です。高感度赤外線カメラで撮影して、その写真を見て雨漏りの原因箇所を探る方法となっています。調査料金こそ高いですが、その信頼性は極めて高いです。
TOPボタン