雨漏り調査を行なって害虫被害を防げ

雨漏りによる被害を抑えるためには

調査を行い早めに雨漏りを食い止める~害虫が発生する前に~

男性

害虫は、じめじめとした環境を好む傾向にあります。つまり、雨漏りが発生すると自然と害虫が発生しやすくなるということです。家に雨漏りの疑いがあるという方は、雨漏り調査を行なえば、早期に対策ができます。

雨漏り調査が必要な理由

調査で調べること
雨漏り調査の大きな目的は、原因箇所を調べることです。雨漏り対策を施すには、原因箇所を判明させないことにはどうにもならないからです。調査をしない限り、雨漏りを防ぐことも、原因を調べることもできません。
調査を行なう理由
なぜ原因箇所を知ることが重要なのかと言うと、原因箇所を知らない状態で闇雲に修理をしようとしても、良い成果は得られないでしょう。専門業者に依頼しても同様の結果になる可能性が高いです。そうなると、無駄な出費がどんどん増えていってしまいます。雨漏り調査を行なえば、一回の修理で完全に雨漏りを防ぐことができるのです。

雨漏り調査や修理をせず、その状態で長期間放置してしまうとどのようなことになってしまうのでしょうか。実は雨漏りは、害虫が発生する原因のもととなるのです。

雨漏りが原因の害虫被害に遭った人

毎日害虫を見かけるようになりました(30代/男性)

築年数の古い家に引っ越してから、住み始めて一ヶ月で天井から雨漏りをするようになりました。漏れてきた雨水はバケツで対処できましたが、それから虫が発生するようになりました。今では雨が降っていない日もダンゴムシやムカデのような虫が床に現れる状態です。今度雨漏り調査を行ない、徹底的に対処したいと思います。

雨漏りが生むジメジメとした環境は、虫にとっては住み心地の良い環境と言えます。一度発生すると、上の方の家のようにどんどん発生し続けることが予想されます。ではこれらの害虫は、具体的にどのような害を与えてくるのでしょうか。

害虫による被害

雨漏りによって発生する害虫は、シロアリやダニ、ネズミなどの生物です。シロアリは家の基礎となる柱に使われている木材に食害を与え、ダニは人間に直接健康被害を与えてきます。このように害虫は様々な部分に害を及ぼしてくるのです。雨漏り調査を行なえば、害虫によるいわば二次被害とも言えるこのような状況を回避することができます。害虫によるこれらの被害を受けないためにも、早い段階で雨漏り調査を行なうようにしましょう。

これが雨漏りのサイン~早めに気付くために知りましょう~

業者と書類

雨漏りの兆候を知っておけば、雨漏り調査を早期の段階でスムーズに行なうことができます。ここでは、雨漏り発生を見分けるポイントを紹介します。

こんなサインが見られたら雨漏り調査を依頼しよう

雨漏りの兆候と言える現象はいくつもあります。最も分かりやすい兆候は、天井や床などが湿った状態になることです。シミができたり波打ったりしていたら、雨漏りが起きている可能性が高いと言えるでしょう。他にも、床が膨れ上がったり、一部の部屋で結露が見られたりといった現象も、雨漏りの兆候の1つです。つまり、雨が降った日やその翌日、これらの現象が起こる場所に注意しておけば、雨漏りに早く気付くことができるということです。万が一今挙げた雨漏りの兆候が見られたら、雨漏り調査をすぐ行なうようにしましょう。

TOPボタン